この物語はロンドンのヒースロー空港から始まり、ヒースロー空港で幕を閉じます。
クリスマス45日前からストーリーが始まりますので、ちょうど今頃なんですよ!
9つの愛をオムニバス形式で描いてあります。
ご覧になった皆さんは、どの物語が気に入りましたか?
私のごく身近な統計によると、圧倒的な支持を集めたのは、親友の花嫁ジュリアンに片思いのマックです。
まるで彼女のプロモーションビデオのような、彼が撮った結婚式のビデオ。
報われない彼の胸の内を思って、切なさで胸が締め付けられます。

「めぐりあい」という往年の名作を見ながら女性同士で泣くシーン・・・といえばメグ・ライアンとトム・ハンクスの「めぐりあえたら」 そして、その隣でしらけ切った顔の男性陣。
そう、可笑しくも共感を呼ぶこの場面は、古今東西の鉄則ともいうべき男女の差を明らかにしていますよね。この感動を男性に知らしめようと奮闘するのは、無駄な努力というものです(笑)

蛇足ですが、クリスマスの夜に画用紙に書いた告白文を、紙芝居のように無言のまま彼女に見せる感動シーンは、ドラマ「ラスト・クリスマス」でつい最近、織田裕二が、ほぼそっくりに演じていました。

胸キュンカップル2つ目は、作家のジェイミーとポルトガル女性のオーレリア。
まったく言葉の通じない二人が心を通わしていく過程と別れ、そして再会のシーン。
乗せられてるってわかっても感動しちゃいました。
でも、まってよ、よ〜く聞いてみるとこの二人、言葉が通じてたら喧嘩になってるようなことも、言い合っています。 お互いに相手の国の言葉を勉強した二人、果たして?

さてさて、今回のシネマの中の時計は、エマ・トンプソンが泣いているシーンにUPで登場します。
スモール・セコンド付きのイエローゴールド時計。
私の見たところ、1940年代のメンズのアンティーク!?
この時計は大きめですが、アンティークのメンズは、今のものに比べると小ぶりですから、女性用として人気が出ています。 カジュアルな装いには、ぴったりなんですよね。

エマトンプソンとヒューグラントはこの映画では兄・妹の関係。
私はDVDで見直すまで姉・弟だと思い込んでいました。(実年齢は1歳違い)
エマ・トンプソンは演技力のある女優さんで前から好きですが、なぜか役柄の年齢に合ってないように見えてしまいます。
「ハワーズ・エンド」「いつか晴れた日に」など。(とってもいい作品ですが)
たぶん彼女は、歳を重ねるともっといい味が出てくる女優さんないでしょうか。

英国首相役のヒュー・グラントが熱く演説してます。
「イギリスは小国かもしれないが、偉大だ。シェークスピア、チャーチル、ショーン・コネリー、ハリー・ポッター、そしてベッカムの右足・・・」 このユーモアいいなぁ!
ヒュー・グラントのほのぼのとしたキャラクターは大好きです。
実は私、彼とのツーショットの写真を持っています。
驚いたあなた・・・ロンドンの「マダム・タッソー蝋人形館」に行けば写真撮り放題です(笑)

他にも書きたいシーンがいっぱいありますが、レンタルビデオ屋さんでも、そろそろ新作から準新作に変わる頃です。 どうぞご覧になって胸キューンしてください。

10歳の女の子が唄う「恋人達のクリスマス」 マライヤ・キャリーに負けてません♪




.

ラブ・アクチュアリー